乳酸菌の必要な摂取量と種類

一口に「乳酸菌」と言っても、その種類は多岐にわたり、私たちの体の中にも色々な種類の乳酸菌が色々な箇所で働いています。すると、乳酸菌との合う合わないが出てくるんです。

 

そのため、2種類程度しか乳酸菌が含まれていないサプリですと、人によってあまり効果が出ない・・・ということもあるのです。すなわちより多くの乳酸菌の種類が入っていればそれだけ自分に合った乳酸菌が含まれている可能性が高く、さらに各々の乳酸菌が相乗効果を起こすので、たくさんの方が便秘解消免疫力の向上を感じることができると言われています。

 

乳酸菌の種類と摂るべき量

 

ここで、主な乳酸菌の働きを見ていきましょう。ビフィズス菌は、殺菌の力を持っていますので、腸内の悪玉菌を減らしてくれます。その上、腸の内部で酢酸、乳酸を作り、悪玉菌が居ずらい状況を作り出すことができます。

 

ガセリ菌は死ぬことなく腸の壁に居着き(長くて90日間)、体重やBIMを減少させ、ダイエットに効果が期待できると言われています。

 

ラブレ菌は京都名物のお漬け物、「すぐき漬け」から見つけられた乳酸菌です。この菌には整腸作用、免疫作用などを向上させる働きがあることが発見され、最近では多くの健康志向の食品に含まれている乳酸菌です。

 

有胞子性乳酸菌は、先に書いたように、層、殻で覆われた乳酸菌です。これは熱に強く、殻があるために生きたまま腸まで届くということで最近一躍話題となっている乳酸菌です。

 

上記のような様々な菌を摂取することで、自分に合った菌に巡り会えるだけでなく、菌同士の相乗効果で身体全体を効率的に強く、綺麗にすることができると言われています。

種類だけじゃなく、量も重要!

乳酸菌を摂取するなら、より多くの種類を・・・とはすでに上で述べましたね。ですが、種類だけではなく、量そのものもより多く取った方が効果的なんです。なぜなら、乳酸菌とは生きたまま服用しても、ほとんどが胃酸に強くないために、全体の90%は大腸に行くまでに無菌化されてしまいます。

 

乳酸菌の必要摂取量は未だにはっきりとはわかっていませんが、腸内細菌の研究家の東京大学名誉教授の光岡知足先生いわく、「腸内環境を変えるためには、1日1兆個以上の乳酸菌を摂るのが望ましい」のだそうです。

 

“種類と必要な量って?”

 

国外での事例ですが、とある潰瘍性大腸炎の患者さんに一日約二兆個もの乳酸菌を摂取させ続けたら、炎症が軽くなったという結果が見られたそうです。このような乳酸菌による症例は多くあります。つまり、乳酸菌は多く摂取すればするほど、比例して体調を改善する効果が期待できるのです。

 

乳酸菌サプリを飲んだのに効果が出なかった!という方は、乳酸菌のが多いサプリを服用してみて下さい。できるだけ量の多いものを飲めば、効果を実感できるかもしれません。ただ、多く飲めばそれだけ即効性がある、ということではないので、そこはお気をつけ下さい。それから、乳酸菌サプリを飲む上で一番大事なのが、毎日継続して飲み続けることです。短くても、まずは1か月間サプリを飲んでみて、その時に効果のほどを判断してみて下さいね。