死んだ乳酸菌でもOK?

乳酸菌の働きは腸内の善玉菌を増殖させることの他にも、免疫力を高めたり、いろいろな効果があるとされています。今まで、「乳酸菌を生きたまま腸に届ける」のが最優先されてきました。それは今でも間違いではないですし、この考えは広く浸透しています。

 

ですが、生きた乳酸菌を実際に食事などで飲み込んでも、ほとんどが強酸性の 胃液によって無菌化されてしまいます。さらに、無菌化を逃れたわずかな生きた乳酸菌ですら、腸内の常在菌などによって取り除かれやすいのです。それは、 「生きたまま」腸内で善玉菌を増殖させているとは言えないのではないでしょうか。

 

死んだ乳酸菌でも大丈夫?

 

さらに、 加熱や、胃酸で死んでも、整腸作用は変わらない事が近頃の研究で発見されてきています。一般に浸透している「乳酸菌は腸に届くまで生きてないといけない」というものは、体のためじゃなく乳酸菌のためなんです。乳酸菌そのものが乳酸を発酵させるためなので、世の中で言われている乳酸菌の整腸の仕組みは、生産者側のただの願望でしかないのです。

 

実際、現在では乳酸菌ex-12でもあるように、費用も安く工場を汚さない「死菌」を使っていることを掲げて販売している乳酸菌サプリが多いです。

 

このように「死菌」が出回り始めているのは、「生きた乳酸菌」を飲んでみて、それが実際に腸内で増えた。といった研究結果は未だにないというのがおそらくの理由です。つまり、エビデンスが無いのです。「生きた乳酸菌」の実用性が死んだものに比べて特にないのであれば、「生きた乳酸菌は生きてるから体にいい!」ということは言えなくなってきます。

 

とはいえ、生きた乳酸菌を生きたまま腸に届けることは全く意味のないことだ、という研究結果もありません。そのため有胞子性乳酸菌など、層で守られているために生きた状態で腸までたどり着ける乳酸菌がよく使用されたり、特殊な改良を施したカプセルを開発するなどして、いかに乳酸菌を生きたまま腸に届けるかの技術開発が現在も行われています。

 

死んだ乳酸菌でも大丈夫?

 

今まで読んでいただいた通り、結局、「生きた乳酸菌が良いの?それとも、死んだ乳酸菌が良いの?」という疑問にははっきりとした答えがありません。 とりあえずの仮説として、私は「乳酸菌が生きたまま腸まで届く」と言うサプリの売りはそこまで大事なことではないとして、ですがあえて、他のサプリメントとの比較基準にしています。